YaraLiva™は、微量要素の吸収を助ける

YaraLiva™とアンモニア性肥料との違い

POINTYaraLiva™は、植物に必要な微量要素の吸収を妨げない

YaraLiva™の窒素は硝酸性窒素にてマイナスに電荷

植物に必要な微量要素はプラスに電荷
⇒硝酸性窒素(マイナス電荷)と微量要素(プラス電荷)は結合しあう(プラスとマイナス)

一方アンモニア性の肥料はプラスに電荷

⇒アンモニア性の肥料(プラス電荷)と微量要素(プラス電荷)は反発しあう(プラスとプラス)

YaraLivaで期待出来ること

  • 植物栽培に欠かすことの出来ない微量要素の吸収を妨げない。
  • 微量要素吸収を妨げないことにより植物は健全生育となる。

POINTYaraLiva™は、土壌を酸性化にしない

YaraLiva™の窒素は硝酸性窒素にて植物への吸収時にOH⁻放出

OH⁻放出にて酸性化には進まず植物の栽培環境を荒らさない。
一方アンモニア性の肥料はSO₄⁻が酸性化を進める

YaraLiva™で期待出来ること

  • 植物栽培に欠かすことの出来ない土壌環境(pH)を荒らさない。
  • 土壌環境(pH)を荒らさないことは植物を健全生育に導く

硝酸カルシウム肥料YaraLiva™紹介動画

関連記事

  1. YaraLiva™は、効かせたい時に効かせるカルシウム資材

  2. なぜ春の施肥の方が効果があるのか?

  3. 貯蔵中のタマネギの腐敗を減らす

  4. 肥料を科学する

  5. ジャガイモの打痕傷を減らすには?

  6. 窒素のリターンを最大限化する