貯蔵中のタマネギの腐敗を減らす

タマネギは、収穫時には成熟して乾燥していなければなりません。タマネギとニンニクの球根は、病気の侵入を可能にする傷や切れを最小限に抑えるために注意深く扱う必要があります。タマネギは、首を密封する事で病源の侵入や腐食入を防ぐ事が出来ます。明るく亀裂のない皮を形成させるために、養生や乾燥の期間が必要です。温帯地域では、通常は室内で養生が行われますが、他の場所では畑でタマネギを吊るし乾燥させます。

作物栄養とタマネギの貯蔵中の腐食の関係

窒素

過度の窒素は貯蔵腐敗をもたらし、貯蔵中の収量損失の原因となります。また、植物体内の組織を弱めて低温障害による損傷を受けやすくなります。バランスの取れた作物の栄養は植物の健康を促進する事によって貯蔵腐敗を減らすのに役立ちます。

育成期間後期の窒素施肥は、タマネギの首太と貯蔵中の腐食発生率の増加と成熟の遅延の原因となります。

カルシウムと苦土

カルシウムは、病気に対する耐性を改善するのに役立ちます。苦土との関連で球根中に高レベルのカルシウムを有するタマネギは、貯蔵中の腐食を減らす事を示しています。

硝酸カルシウムは、貯蔵中のタマネギの腐敗を最小限に抑えるために最も効果的な材であることが証明されています。カルシウムとカリのバランスが重要です。

ホウ素

ホウ素は、カルシウムの活性と球の品質を改善するのに役立ちます。研究によってホウ素は、貯蔵中のタマネギとニンニクの腐敗を軽減させる効果がある事が分かっています。この効果は、球根中のカルシウム吸収を改善する微量栄養素の役割に関連しています。

本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yaraが推奨するタマネギ用肥料

YaraLiva™ トロピコート


15.5%N + 19%Ca – 広範囲の作物に野外で施用する粒状硝酸カルシウム肥料。

YaraMila™ コンプレックス


12-11-18 + 20%SO3-プリルNPK肥料で、苦土と硫黄だけでなく、幅広い耕作作物や園芸作物に最適な微量栄養素も含まれています。

硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

硝酸化成肥料 YaraMila™紹介動画

YaraMila™独自のリン酸形状

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. アブラナ科作物の根こぶ病を防ぐには?

  2. 硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

  3. ジャガイモの打痕傷を減らすには?

  4. YaraLiva™は、養分転流を促進

  5. なぜ肥料の比重が機械撒きで重要なのか?

  6. アブラナ科作物の心腐れを防ぐには?