タマネギの低温障害を防ぐ

タマネギとニンニクは、初期の生育段階では気温が低いのが最適で、球の成熟期には暖かく晴れた天候が最適です。

優れた栄養素は細胞破壊を招く恐れのある低温障害から作物を守るのに役立ちます。これは温度管理が不十分な貯蔵施設で重要となってきます。

タマネギにおける作物栄養と低温障害の関係

カルシウム

カルシウムは、細胞の破壊を招く恐れのある低温障害から作物を保護するのに役立つ重要な栄養素です。これは温度管理が不十分な貯蔵施設で特に重要となってきます。

本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yaraが推奨するタマネギ用肥料

YaraLiva™ トロピコート


15.5%N + 19%Ca – 広範囲の作物に野外で施用する粒状硝酸カルシウム肥料。

YaraMila™ コンプレックス


12-11-18 + 20%SO3-プリルNPK肥料で、苦土と硫黄だけでなく、幅広い耕作作物や園芸作物に最適な微量栄養素も含まれています。

硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

硝酸化成肥料 YaraMila™紹介動画

YaraMila™独自のリン酸形状

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. ついに成立した働き方改革法の主な内容

  2. 小麦の比重向上

  3. YaraMila™独自のリン酸形状

  4. タマネギの病害虫の防除

  5. タマネギの球のサイズを大きくする為に

  6. 農地の再生