YaraMila™とBB肥料の違い

YaraMila™は、BB肥料より植物利用が効果的

YaraMila™は、圃場全体に均一散布が可能。一方BB肥料は原料の比重差で不均一。
BB肥料の施肥ムラ<タンク投入時>

土壌中における肥料のカバー範囲

YaraMila™

BB肥料

植物が各成分を吸収出来る範囲

POINTYaraMila™は、植物栽培にとってムラなく散布出来、植物に吸収される

YaraMila™の優位性

YaraMila™
  • ニトロフォスフェート製法による独自製法
  • 圃場全体への均一施肥が可能

⇒粒径は2~4mmのものが90%確保されており、近場から遠方まで施肥可能
⇒世界の機械メーカの施肥機に対応

BB肥料
  • 単材(例:硫安、過燐酸石灰、塩化カリ等)がバラバラに存在
  • 単材の為、各成分の比重が異なり、施肥ムラあり
  • 施肥ムラにより植物のスムーズな吸収を妨げる
  • 単材の為、各成分の比重が異なり、輸送時に肥料原料の偏りあり

YaraMilaに期待出来る効果

  • 植物への利用効率が高い
  • 低温時でも植物吸収が高い
  • 特にリン酸は初期から後半まで肥効が安定
  • ここ最近の環境変化に対応し、効かせたい時に効かせる肥料にて肥料代の省力化に繋がる
  • 世界の機械メーカに対応し、大規模圃場にムラなく機械散布が可能

YaraMila™関連動画


関連記事

  1. タマネギの球の重量に影響を与えるもの

  2. 窒素を理解しよう

  3. タマネギの皮の外観と状態を改善する

  4. 硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

  5. タマネギ、ニンニクの生産における水利用効率の向上

  6. レタスのカルシウム欠乏② 根に出る症状