ついに成立した働き方改革法の主な内容

2018年6月29日に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)が成立し、2019年4月より順次施行されることとなりました。多くの企業に影響を及ぼす法律ですので、重要な項目を整理してご紹介します。

① 時間外労働の上限規制
② 年次有給休暇の年5日取得義務
③ 1ヶ月60時間超の時間外労働の割増率引き上げ
④ 高度プロフェッショナル制度の創設
⑤ フレックスタイム制度の見直し
⑥ 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
※上記各項目は中小企業、大企業とで施行年月日が異なります。

以下のリンクで、もう少し詳しくご紹介しておりますので是非ご覧ください。
http://www.watanabe-jimusho.co.jp/season_contents.html

社会保険労務士法人AYUMI(代表:松田茂)

前身の渡邉事務所を創業し60余年。一昨年からは社会保険労務士法人AYUMIとして新たにスタートしました。
社会保険労務士の仕事は、「人」の仕事だと思います。
企業とは代表者個人のみならず従業員の集合体であります。その人と人が集まって一つの事業を進めていくにあたり、全員がそれぞれの立場で活き活きと仕事ができるようにサポートしていくのが社会保険労務士という人であると考えています。
顧問先企業様とそこで働く従業員の方々がwin-winで繋がれるよう、これからも日々努力を続けてまいりたいと思います。

ウェブサイト:http://www.watanabe-jimusho.co.jp/
ブログ(業務以外日誌):http://watanabejimusho.blog.fc2.com/
フェイスブック:http://www.facebook.com/watanabejimusho
ツイッター:http://twitter.com/watanabejimusho
Google+:https://plus.google.com/105835633590475151455#105835633590475151455/posts

関連記事

  1. イギリスの農業から学べる事

  2. 貯蔵中のタマネギの腐敗を減らす

  3. アブラナ科の野菜の病気対策

  4. 炭素排出量の削減

  5. 窒素を理解しよう

  6. トマトの尻腐れを防ぐには?