アブラナ科の野菜 収量改善について

多くの収量を求めて作物を生産することは、生産者の収益を最大限にするために非常に重要です。

最も重要なポイントは、バランスの取れた栄養を考える事です。

また、十分な水分を与えることで肥沃な土壌を生み、高収量を得る事が出来ます。
土壌の構造上、良い土壌であれば、強い根を張る事が出来ます。

アブラナ科の野菜は、様々な生長形態があり、野菜の種類によって
必要な栄養素や、栄養の吸収率収穫後の栄養の流失度合が大きく異なります。

栄養の減少は、影響が大きいため、施肥設計を作成する上で十分に考慮する必要があります。

栄養素とアブラナ科の野菜の収量について


窒素
窒素は、大きく収量を増やす上で、非常に重要な要素です。

必要とされるトータルの窒素量は、野菜の種類によって異なりますが、
例を挙げると、白菜は 1.6kg/l、芽キャベツは 4.7kg/l です。

また、ブロッコリーは葉を作る過程で窒素が使われます。

リン酸
リン酸は、生育初期に必要であり、根の発育や生長点付近で必要とされます。

カリウム カルシウム
カリウムやカルシウムは、多くの量を必要とされ、窒素以上に必要な事もあります。

カリウムは、葉の生育期に最も使われるが、窒素ほど栄養分は減少しません。
また、成熟期においても大量に必要となります。

苦土 硫黄
苦土と硫黄は、収量を上げるため 光合成作用を活性化させる役割があります。

ブロッコリーは、他の野菜に比べて硫黄が多く必要とされるが、収穫された作物の中へ約20%程度移動します。

苦土は、他の野菜と比べて、多く使われず、0.1-0.3% kg/t が収穫された作物へ移動します。

微量要素
微量要素については、微量ながらも正しいバランスが重要です。

微量要素の中でも重要なものが、鉄・ホウ素・亜鉛・マンガンです。

関連記事

  1. YaraLiva™は、効かせたい時に効かせるカルシウム資材

  2. タマネギの球の重量に影響を与えるもの

  3. Yara窒素管理ツール

  4. 貯蔵中のタマネギの腐敗を減らす

  5. ジャガイモの品質向上

  6. 肥料を科学する