タマネギの堅さを改善する

硬さはタマネギとニンニク、特に長期間保存される乾球タマネギの重要な特性です。 生産者はバランスのとれた栄養を供給する事によって、球の硬さに影響を与える事が出来ます。

作物の栄養とタマネギの堅さ

窒素は球を硬くするために重要な役割があります。カリとカルシウムの不足は球の密度不足を招きます。

窒素

窒素は、外皮の比重を増加させるのに役立ち、球の耐圧性を向上させ、それにより集荷中、保管中の損傷を減少させます。 しかしながら、全球の硬度は、窒素の割合が高すぎると内部組織の軟化によって低下する事もあります。

本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yaraが推奨するタマネギ用肥料

YaraLiva™ トロピコート


15.5%N + 19%Ca – 広範囲の作物に野外で施用する粒状硝酸カルシウム肥料。

YaraMila™ コンプレックス


12-11-18 + 20%SO3-プリルNPK肥料で、苦土と硫黄だけでなく、幅広い耕作作物や園芸作物に最適な微量栄養素も含まれています。

硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

硝酸化成肥料 YaraMila™紹介動画

YaraMila™独自のリン酸形状

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. ジャガイモに必要なカルシウムとは?

  2. YaraMila™ リン酸を主体としたYara社の独自製法

  3. Yara化成肥料におけるリン形状

  4. 株主代表訴訟(その1)

  5. 農地の再生

  6. 窒素を理解しよう