タマネギの首の厚みを抑える

タマネギの首の適切な太さが病害を防ぐポイントになります。 乾燥タマネギは、入り口を密封するために硬化または乾燥の期間が必要です。 首が太すぎると作物の貯蔵品質と健康に影響します。 タマネギの首の厚みを抑えるにはバランスの取れた作物の栄養が不可欠です。

作物栄養とタマネギの首の太さの関係

リンおよびマンガンが欠乏すると作物は成熟時に首が太くなる傾向があります。 窒素を生育期終盤に与える事も首が太くなる要因となります。

窒素と首の太さの関係

窒素過多は球を軟弱化させ貯蔵中の腐敗を増やすことにつながります。 また、過剰な窒素はタマネギの頸部を太くし、病害を受けやすくなります。これは窒素を生育期終盤に与える事が主な原因であり、成熟の遅延とともに首太、貯蔵中の腐れの発生につながります。収量を最大化するため、また貯蔵性を良くするためには窒素量のバランスと施肥時期を管理する事が重要となります。

本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yaraが推奨するタマネギ用肥料

YaraLiva™ トロピコート


15.5%N + 19%Ca – 広範囲の作物に野外で施用する粒状硝酸カルシウム肥料。

YaraMila™ コンプレックス


12-11-18 + 20%SO3-プリルNPK肥料で、苦土と硫黄だけでなく、幅広い耕作作物や園芸作物に最適な微量栄養素も含まれています。

硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

硝酸化成肥料 YaraMila™紹介動画

YaraMila™独自のリン酸形状

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. アブラナ科の野菜の病気対策

  2. 交通安全への啓蒙

  3. タマネギ、ニンニクの球の数に影響を与えるもの

  4. タマネギの球のサイズを大きくする為に

  5. YaraLiva™は、養分転流を促進

  6. ジャガイモの病気予防