タマネギ、ニンニクの球の数に影響を与えるもの

タマネギとニンニクの球の数は、植物密度などさまざまな要因によって影響を受ける可能性があります。より高い密度で作物を植えれば、より多くのタマネギの球をもたらすが、その分サイズは犠牲になってしまいます。 したがって、所望の球根サイズの最大収量を達成するためには、植栽密度を操作する事が重要となります。バランスの取れた施肥設計は、収量増の可能性をもたらします。

作物の栄養とタマネギ、ニンニクの数

窒素

窒素は高いタマネギの収量に必要な最も重要な栄養素の1つです。タマネギは、窒素を大量に消費することで知られており、収穫量1トン当たり2〜3kgの窒素を消費します。

カリ

カリは、タマネギとニンニクの高収量にとって重要です。カリは、2番目に多く消費される栄養素であり、球形成および拡大中に摂取量が最大となります。しかしながら、過剰摂取は収量削減につながる可能性があるので注意が必要です。

カルシウム

硝酸カルシウムは、タマネギの収量増に最も寄与する形態である事が確認されています。

亜鉛


本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yaraが推奨するタマネギ用肥料

YaraLiva™ トロピコート


15.5%N + 19%Ca – 広範囲の作物に野外で施用する粒状硝酸カルシウム肥料。

YaraMila™ コンプレックス


12-11-18 + 20%SO3-プリルNPK肥料で、苦土と硫黄だけでなく、幅広い耕作作物や園芸作物に最適な微量栄養素も含まれています。

硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

硝酸化成肥料 YaraMila™紹介動画

YaraMila™独自のリン酸形状

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. 地理的表示(GI)

  2. ジャガイモの収量向上

  3. 裁判傍聴②

  4. 認定農業者制度について

  5. Yaraの精密農業ツール

  6. 交通安全への啓蒙