炭素排出量の削減

炭素排出量の削減

Yaraは成長する世界の人口、食糧、エネルギーの需要を支えるために必要な持続可能な農業には引き続き鉱物肥料が必要と考えていますが、環境負荷を低減するためには炭素排出量の削減が必要です。 Yaraの肥料工場は、世界で最もエネルギー効率が良いと評価されています。 実際に触媒技術を開発して導入する事により、Yaraは硝酸プラントからのN2O(亜酸化窒素)の排出を90%も削減しました。

これにより、硝酸塩含有肥料の炭素排出量を40%削減に成功しました。 さらに、これらの硝酸塩ベースの肥料を適切に選択して使用する事により、肥料使用における窒素効率を高め、生産者は肥料の流出または揮発による損失を最小限に抑える事が出来ます。また、炭素節約の観点からさらに10〜30%を削減出来ます。Yaraの低炭素排出窒素肥料を選択して使用する事により、生産者は炭素排出を効果的に半減させる事が可能となります。

本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yaraが推奨するタマネギ用肥料

YaraLiva™ トロピコート


15.5%N + 19%Ca – 広範囲の作物に野外で施用する粒状硝酸カルシウム肥料。

YaraMila™ コンプレックス


12-11-18 + 20%SO3-プリルNPK肥料で、苦土と硫黄だけでなく、幅広い耕作作物や園芸作物に最適な微量栄養素も含まれています。

硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

硝酸化成肥料 YaraMila™紹介動画

YaraMila™独自のリン酸形状

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. 農地の売買

  2. トマトの作物栄養について

  3. ジャガイモの打痕傷を減らすには?

  4. 窒素を理解しよう

  5. ついに成立した働き方改革法の主な内容

  6. 小麦の健全な生育の維持