タマネギの球のサイズを大きくする為に

栽植密度はタマネギおよびニンニクの球のサイズを決定するための非常に重要な管理要素です。 これに加えて、良好な作物栄養が栽培者の所望する球径の達成を手助けします。 タマネギの球のサイズに影響を与えるには、窒素、リン酸、カリが不可欠です。

作物の栄養とタマネギの球の大きさ

窒素

適量の窒素供給は、タマネギの大きさの確保に重要です。 窒素は葉の生育を助け、これによりタマネギおよびニンニクの球の数および収穫期の球のサイズを増加させます。 タマネギ・ニンニクは根が深く張らないため、窒素の吸収効率を高めるために回数を分けて分散して投入するのが一般的です。根元への直撒きの方が、ブロードキャストよりも効果的である事が証明されています。

リン酸

収量増加のためには一定量の窒素の投入が必要ですが、一方で貯蔵中の腐敗などによる損失を減らすために一定量のリン酸の投入も重要です。リン酸は窒素の利用効率を高めて収量を上げるのと同時に、作物の品質低下を防ぐ目的で使用されます。

カルシウム

硝酸カルシウムによる施肥試験では高い収量を取るために窒素を最も有効に働かせる形態であることを示しており、これはまたタマネギの球サイズを増加させる最も有効なカルシウムの形状でもあります。

本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yaraが推奨するタマネギ用肥料

YaraLiva™ トロピコート


15.5%N + 19%Ca – 広範囲の作物に野外で施用する粒状硝酸カルシウム肥料。

YaraMila™ コンプレックス


12-11-18 + 20%SO3-プリルNPK肥料で、苦土と硫黄だけでなく、幅広い耕作作物や園芸作物に最適な微量栄養素も含まれています。

硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

硝酸化成肥料 YaraMila™紹介動画

YaraMila™独自のリン酸形状

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. タマネギの乾燥物質含有量を最大にする

  2. ビートに必要な栄養素

  3. タマネギの低温障害を防ぐ

  4. トマトの尻腐れを防ぐには?

  5. 大豆の農学的原則

  6. タマネギの貯蔵品質を改善する

  1. スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変…

    2022.06.17

  2. メロン・スイカの開花期・着果期の適切な施肥設計は収量と品質に不…

    2022.06.10

  3. GRWRS探訪No.3 Pix4D 続編 北海道深川市農事組合法人 ユナイ…

    2022.05.27

  4. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

    2022.04.28

  5. ”ヨーロッパの戦争-世界的な食糧危機”を読む

    2022.04.22

  1. ジャガイモの病気予防

    2017.11.17

  2. ジャガイモの品質向上

    2017.11.15

  3. ジャガイモの収量向上

    2017.11.14

  4. 小麦の健全な生育の維持

    2017.11.10

  5. 小麦の品質向上

    2017.11.07

Youtubeチャンネル

FARMERS ACADEMY PV

特 集

Facebookページ