タマネギ、ニンニクの収量に影響を与えるもの

収量増の可能性は排水設備が整備され水の供給に制限がなく、且つ栄養素の供給がすぐに可能な環境で達成可能となります。気温や干ばつのストレスが生育に重要な時期に発生すると、成長に大きく影響する可能性があります。タマネギとニンニク球のサイズと数を決定する要素として、植え付けの密度と間隔が重要となります。 収量は初期の葉のカバーが生成される時期に最も高まり、その後、球が長い時間をかけて形成されていきます。

作物の栄養とタマネギ、ニンニクの収量

タマネギとニンニクは、根が太くまた根毛が非常に少なく短いことを特徴とする浅い根系のため、栄養摂取効率が比較的低い。 したがって最適な収量を達成するのを助けるために、これらの条件に適合する肥料プログラムを実施することが重要である。可能な限り頻繁に、そして吸収されやすい形態で栄養素の付与を可能な限り根域に近づけることが重要となります。

主要要素吸収量が示す通り、窒素とカリがタマネギとニンニクの生育に一番必要な主要要素となります。この2要素は、タマネギの高収量を取る為に大変重要です。窒素は収量を増やす為に必要な栄養素ですが、一方で与えすぎはよくありません。窒素の過剰摂取は、玉の成熟を遅らせ、軟弱な玉、保管中の腐食の原因につながります。
収量と品質の高いタマネギの作物生産を満たすためには微量栄養素も必要となってきますが、これらの微量要素の正確なバランスは不可欠です。微量栄養素のうち最も量を必要とするのは、ホウ素と鉄です。これらは収量と品質に影響します。また亜鉛は種子の発芽を手助けします。

タマネギ、ニンニクの収量の問題に関するYaraからのアドバイス




本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yaraが推奨するタマネギ用肥料

YaraLiva™ トロピコート


15.5%N + 19%Ca – 広範囲の作物に野外で施用する粒状硝酸カルシウム肥料。

YaraMila™ コンプレックス


12-11-18 + 20%SO3-プリルNPK肥料で、苦土と硫黄だけでなく、幅広い耕作作物や園芸作物に最適な微量栄養素も含まれています。

硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

硝酸化成肥料 YaraMila™紹介動画

YaraMila™独自のリン酸形状

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. タマネギ、ニンニクの品質に影響を与えるもの

  2. Yaraの農業科学動画

  3. 健康なタマネギ、ニンニクを育てるために

  4. Yara肥料の環境対応

  5. 小麦の収量向上