ファーマーズ・アカデミー

世界最先端のアグロノミー(農業科学)情報を日本の農業者と共有することを目的に設立。

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • ファーマーズ・アカデミー
    • YaraLiva™

    フロリダでの柑橘生産はバランスの取れた栄養管理が鍵だった!

    ドイツの科学者ユストゥス・フォン・リービッヒは、1840年に植物の成長速度・収量・全体的な健康状態はその植物の成長に必要…

    • ファーマーズ・アカデミー
    • YaraMila™

    生育後期のアブラナ科作物のホウ素とカルシウムのレベルを高める

    生育後期のアブラナ科作物は、品質の低下をもたらし市場価値を下げる病害の影響を受けやすくなります。 アブラナ科作物のカル…

    • ファーマーズ・アカデミー

    硝酸態窒素の子守唄

    分かってくれとは言わないがそんなに俺が悪いのか?何の話かと言うと硝酸態窒素の話です。このフレーズが分かる方は年代的に…

    • ファーマーズ・アカデミー
    • YaraMila™

    リン酸二アンモニウム(DAP)がリン酸肥料のベストの選択ではない理由

    リン酸は植物の生育への影響という点で、窒素に次いで2番目に重要な栄養素と見なされています。 土壌中のリン酸が作物に実際…

    • ファーマーズ・アカデミー
    • YaraMila™

    春の施肥が収量を増やす8つの理由

    春に施肥すると穀物の収量が増加することが複数の実験から分かっています。秋ではなく春に施肥した方が良い理由が8つあります…

    • ファーマーズ・アカデミー
    • YaraMila™

    機械散布のプロになることによって実際にどれぐらいコストセーブ出来るのか?

    肥料機械散布のアドバイススプレッダーを正しく調整することで肥料代等のコストをセーブすることが出来ます。以下機械散布の…

    • ファーマーズ・アカデミー
    • YaraMila™

    寒い時期の窒素源と施肥タイミングについて

    小麦などの穀類作物への最初の窒素施肥は収量に大きく左右します。そのため最初の窒素はどういう形態のものにするか?またそ…

    • ファーマーズ・アカデミー

    柑橘における窒素の役割

    窒素は作物の成長と発達に不可欠な酵素・ビタミン・葉緑素、その他の細胞成分を構成する主要な成分です。 したがって窒素は柑…

    • ファーマーズ・アカデミー

    窒素単肥がほんとうにベストな選択なのか?

    窒素単肥を注文する前に窒素以外の栄養素(リン酸、カリ、カルシウム、硫黄等)を含んだ複合化成肥料の方が実情にマッチする…

    • ファーマーズ・アカデミー

    経営継続補助金(2次受付)について

    制度の概要経営継続補助金は、農林漁業者の新型コロナウイルス感染症の対策として、令和2年度第2次補正予算において成立しま…

    • ファーマーズ・アカデミー

    柑橘におけるカルシウムの役割

    カルシウムは細胞壁の重要な構成要素であり、酵素システム・植物ホルモンの活動、栄養素の取り込みの調節にも直接影響を与え…

    • ファーマーズ・アカデミー
    • ブロッコリー

    硝酸カルシウムで収量・品質を向上させる

    アブラナ科作物にYaraの硝酸カルシウム肥料を使用すると収量が上がり、根こぶ病などの病害に強くなり品質も向上します。なぜY…