味覚週間と味覚授業 ~フランス~

食育に関する関心が高いフランス。その証拠の1つと言えるかどうかわかりませんが、在日フランス大使館のウェブサイトには食育のページがあります。

そのフランスでは、「味覚週間(味覚の一週間)」という国民的イベントが年に1度、実施されています。「味覚週間(味覚の一週間)」のコンテンツの1つに「味覚の授業」というものがあります。

味覚週間(味覚の一週間)

  • 1990年から続いている国民的イベントです。最初の2年間は、「味覚の一週間」ではなく「味覚の一日」だったそうですが、毎年10月の第3週に開催されています。
  • 味覚の授業:料理人がボランティアで講師を務め、出前授業形式で「味覚の授業」を行う。
  • 味覚の食卓:多くの有名レストランが、手頃な価格で料理を提供する。
  • 味覚のアトリエ:シンポジウムや討論会など、味覚をテーマにしたイベントを全国各地で実施。
  • 味覚の才人:食文化の継承に貢献した人物を表彰。「農業生産者」「畜産農家」「職人(料理人、菓子職人、パン職人、チーズ生産者など)」「『味覚の一週間』参加シェフ」、「教育者」、「農業・畜産技術指導者」の6つのカテゴリーからそれぞれ選出。

味覚の授業

1970年代半ばにワイン醸造学者のジャック・ピュイゼ氏が考案した「ピュイゼ・メソッド」による授業が、フランス各地の学校で実施されています。

<ピュイゼ・メソッド>
「五感をフルに使って食を楽しむ」ことが、「ピュイゼ・メソッド」のコンセプトです。
1990年代の初頭にはピュイゼ・メソッドを普及・発展させるために「味覚研究所」が設立されています。
この研究所では

  • 味覚のメカニズムの研究
  • 味覚の授業を改善する研究

などが行われています。

味覚の授業は全12回(1回90分)で構成されています。
内容は以下のとおり。

  • 食物を口に入れたときの五感
  • 味覚
  • 視覚
  • 嗅覚
  • 触覚と聴覚
  • 風味
  • 食事の準備
  • 食の好み
  • 各地の特産物
  • 食品の保存
  • 食品の情報(ラベルなど)
  • 行事食

日本でも2011年から「味覚の一週間」が実施されています。
http://www.legout.jp/

関連記事

  1. イタリアの食科学大学

  2. OEM

  3. クランチ & シップ ~オーストラリア~

  4. スーパーマーケットの日米比較

  5. フルーツフル・スクール ~イギリス~

  6. 家庭菜園のコンサルタント

  1. スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変…

    2022.06.17

  2. メロン・スイカの開花期・着果期の適切な施肥設計は収量と品質に不…

    2022.06.10

  3. GRWRS探訪No.3 Pix4D 続編 北海道深川市農事組合法人 ユナイ…

    2022.05.27

  4. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

    2022.04.28

  5. ”ヨーロッパの戦争-世界的な食糧危機”を読む

    2022.04.22

  1. ジャガイモの病気予防

    2017.11.17

  2. ジャガイモの品質向上

    2017.11.15

  3. ジャガイモの収量向上

    2017.11.14

  4. 小麦の健全な生育の維持

    2017.11.10

  5. 小麦の品質向上

    2017.11.07

Youtubeチャンネル

FARMERS ACADEMY PV

特 集

Facebookページ