Yaraの硝酸カルシウムは微量要素の吸収を助ける

YaraLiva™とアンモニア性肥料との違い

POINTYaraLiva™は、植物に必要な微量要素の吸収を妨げない

YaraLiva™の窒素は硝酸性窒素にてマイナスに電荷

植物に必要な微量要素はプラスに電荷
⇒硝酸性窒素(マイナス電荷)と微量要素(プラス電荷)は結合しあう(プラスとマイナス)

一方アンモニア性の肥料はプラスに電荷

⇒アンモニア性の肥料(プラス電荷)と微量要素(プラス電荷)は反発しあう(プラスとプラス)

YaraLivaで期待出来ること

  • 植物栽培に欠かすことの出来ない微量要素の吸収を妨げない。
  • 微量要素吸収を妨げないことにより植物は健全生育となる。

POINTYaraLiva™は、土壌を酸性化にしない

YaraLiva™の窒素は硝酸性窒素にて植物への吸収時にOH⁻放出

OH⁻放出にて酸性化には進まず植物の栽培環境を荒らさない。
一方アンモニア性の肥料はSO₄⁻が酸性化を進める

YaraLiva™で期待出来ること

  • 植物栽培に欠かすことの出来ない土壌環境(pH)を荒らさない。
  • 土壌環境(pH)を荒らさないことは植物を健全生育に導く

硝酸カルシウム肥料YaraLiva™紹介動画

関連記事

  1. ビートの収量を増やす方法

  2. 気候変動対策としてのカルシウム

  3. タマネギの首の厚みを抑える

  4. 窒素単肥がほんとうにベストな選択なのか?

  5. ジャガイモの収量向上

  6. リン酸を管理することでジャガイモの収量を向上させる

  1. 日本で実験してみましたコーナーNo.3:馬鈴薯に対する有機化成肥料…

    2022.08.19

  2. スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変…

    2022.06.17

  3. メロン・スイカの開花期・着果期の適切な施肥設計は収量と品質に不…

    2022.06.10

  4. GRWRS探訪No.3 Pix4D 続編 北海道深川市農事組合法人 ユナイ…

    2022.05.27

  5. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

    2022.04.28

  1. ジャガイモの病気予防

    2017.11.17

  2. ジャガイモの品質向上

    2017.11.15

  3. ジャガイモの収量向上

    2017.11.14

  4. 小麦の健全な生育の維持

    2017.11.10

  5. 小麦の品質向上

    2017.11.07

Youtubeチャンネル

FARMERS ACADEMY PV

特 集

Facebookページ