アブラナ科の野菜 収量改善について

多くの収量を求めて作物を生産することは、生産者の収益を最大限にするために非常に重要です。

最も重要なポイントは、バランスの取れた栄養を考える事です。

また、十分な水分を与えることで肥沃な土壌を生み、高収量を得る事が出来ます。
土壌の構造上、良い土壌であれば、強い根を張る事が出来ます。

アブラナ科の野菜は、様々な生長形態があり、野菜の種類によって
必要な栄養素や、栄養の吸収率収穫後の栄養の流失度合が大きく異なります。

栄養の減少は、影響が大きいため、施肥設計を作成する上で十分に考慮する必要があります。

栄養素とアブラナ科の野菜の収量について


窒素
窒素は、大きく収量を増やす上で、非常に重要な要素です。

必要とされるトータルの窒素量は、野菜の種類によって異なりますが、
例を挙げると、白菜は 1.6kg/l、芽キャベツは 4.7kg/l です。

また、ブロッコリーは葉を作る過程で窒素が使われます。

リン酸
リン酸は、生育初期に必要であり、根の発育や生長点付近で必要とされます。

カリウム カルシウム
カリウムやカルシウムは、多くの量を必要とされ、窒素以上に必要な事もあります。

カリウムは、葉の生育期に最も使われるが、窒素ほど栄養分は減少しません。
また、成熟期においても大量に必要となります。

苦土 硫黄
苦土と硫黄は、収量を上げるため 光合成作用を活性化させる役割があります。

ブロッコリーは、他の野菜に比べて硫黄が多く必要とされるが、収穫された作物の中へ約20%程度移動します。

苦土は、他の野菜と比べて、多く使われず、0.1-0.3% kg/t が収穫された作物へ移動します。

微量要素
微量要素については、微量ながらも正しいバランスが重要です。

微量要素の中でも重要なものが、鉄・ホウ素・亜鉛・マンガンです。

関連記事

  1. リン酸を管理することでジャガイモの収量を向上させる

  2. タマネギの乾燥物質含有量を最大にする

  3. 機械撒き(スプレッダー)に適した肥料とは?

  4. 小麦の収量向上

  5. 正しい肥料の選択【動画】

  6. Yaraの化成肥料に含まれる様々なリン酸塩

  1. スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変…

    2022.06.17

  2. メロン・スイカの開花期・着果期の適切な施肥設計は収量と品質に不…

    2022.06.10

  3. GRWRS探訪No.3 Pix4D 続編 北海道深川市農事組合法人 ユナイ…

    2022.05.27

  4. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

    2022.04.28

  5. ”ヨーロッパの戦争-世界的な食糧危機”を読む

    2022.04.22

  1. ジャガイモの病気予防

    2017.11.17

  2. ジャガイモの品質向上

    2017.11.15

  3. ジャガイモの収量向上

    2017.11.14

  4. 小麦の健全な生育の維持

    2017.11.10

  5. 小麦の品質向上

    2017.11.07

Youtubeチャンネル

FARMERS ACADEMY PV

特 集

Facebookページ