朝食ボックスプロジェクト ~ドイツ~

「健康的な朝食を提供することで、子どもの学習意欲を高めたい」という理念にもとづき、小学生にオーガニックの朝食を配るプロジェクトがドイツにあります。

「ビオ・ブロートボックス協会」がリードするプロジェクトで、2002年にベルリンでスタートしています。現在では広くドイツ国内に普及しているようです。

むろん、こうしたプロジェクトを進めていくには資金がいります。資金は、子どもの親たちからの寄付、企業などからの寄付で賄っています。

子どもたちには、黄色い弁当箱に入った、地産地消の野菜や果物、チーズなどが配られます。

関連記事

  1. F1(エフワン)

  2. 野菜だけのファーストフード店

  3. 世界のファーマーズ・マーケット

  4. 食育に関連するクラウドファンディング一覧

  5. 日本の食育と海外の食育

  6. Food Share ~カナダ~

  1. スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変…

    2022.06.17

  2. メロン・スイカの開花期・着果期の適切な施肥設計は収量と品質に不…

    2022.06.10

  3. GRWRS探訪No.3 Pix4D 続編 北海道深川市農事組合法人 ユナイ…

    2022.05.27

  4. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

    2022.04.28

  5. ”ヨーロッパの戦争-世界的な食糧危機”を読む

    2022.04.22

  1. ジャガイモの病気予防

    2017.11.17

  2. ジャガイモの品質向上

    2017.11.15

  3. ジャガイモの収量向上

    2017.11.14

  4. 小麦の健全な生育の維持

    2017.11.10

  5. 小麦の品質向上

    2017.11.07

Youtubeチャンネル

FARMERS ACADEMY PV

特 集

Facebookページ