Yaraの硝酸化成肥料とBB肥料の違い

YaraMila™は、BB肥料より植物利用が効果的

YaraMila™は、圃場全体に均一散布が可能。一方BB肥料は原料の比重差で不均一。
BB肥料の施肥ムラ<タンク投入時>

土壌中における肥料のカバー範囲

YaraMila™

BB肥料

植物が各成分を吸収出来る範囲

POINTYaraMila™は、植物栽培にとってムラなく散布出来、植物に吸収される

YaraMila™の優位性

YaraMila™
  • ニトロフォスフェート製法による独自製法
  • 圃場全体への均一施肥が可能

⇒粒径は2~4mmのものが90%確保されており、近場から遠方まで施肥可能
⇒世界の機械メーカの施肥機に対応

BB肥料
  • 単材(例:硫安、過燐酸石灰、塩化カリ等)がバラバラに存在
  • 単材の為、各成分の比重が異なり、施肥ムラあり
  • 施肥ムラにより植物のスムーズな吸収を妨げる
  • 単材の為、各成分の比重が異なり、輸送時に肥料原料の偏りあり

YaraMilaに期待出来る効果

  • 植物への利用効率が高い
  • 低温時でも植物吸収が高い
  • 特にリン酸は初期から後半まで肥効が安定
  • ここ最近の環境変化に対応し、効かせたい時に効かせる肥料にて肥料代の省力化に繋がる
  • 世界の機械メーカに対応し、大規模圃場にムラなく機械散布が可能

YaraMila™関連動画


関連記事

  1. ジャガイモの品質向上

  2. 消費税の簡易課税制度と農業について

  3. 農業経営者が死亡した場合の消費税の手続き

  4. タマネギの乾燥物質含有量を最大にする

  5. 小麦の収量向上

  6. カーボンフットプリントを減らすために肥料会社が出来ること

  1. 日本で実験してみましたコーナーNo.4:キャベツに対するコンプレッ…

    2023.01.20

  2. 水溶性カルシウムは果実肥大期の必須アイテムです。

    2023.01.13

  3. 春にNPKS化成肥料施肥を検討してみませんか?

    2023.01.06

  4. 日本で実験してみましたコーナーNo.3:馬鈴薯に対する有機化成肥料…

    2022.08.19

  5. スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変…

    2022.06.17

  1. ジャガイモの病気予防

    2017.11.17

  2. ジャガイモの品質向上

    2017.11.15

  3. ジャガイモの収量向上

    2017.11.14

  4. 小麦の健全な生育の維持

    2017.11.10

  5. 小麦の品質向上

    2017.11.07

Youtubeチャンネル

FARMERS ACADEMY PV

特 集

Facebookページ