Yara硝酸化成肥料 リン酸を主体としたYara社の独自製法

世界有数の肥料メーカだから出来る特長的な製法



POINTリン酸を主体としたYara社の独自製法

YaraMila™と一般の化成肥料の優位差

YaraMila™ニトロフォスフェート製法

  • 大規模な反応塔だから可能なリン酸を主体とした造粒形成
    ⇒リン酸―窒素、リン酸―カリウム、リン酸―カルシウム 等で存在
    ⇒オルトリン酸、ポリリン酸、DCPで存在し、初期から後半まで肥効が安定
    ⇒植物へはリン酸を主体に吸収され、利用効率が高い

一般的な化成肥料 配合式製法

  • チッソ、リン酸、カリを単材(例:硫安、過燐酸石灰、塩化カリ)として混合造粒形成
    ⇒BB肥料を1粒にまとめた化成粒にて存在
    ⇒植物へは各単材で吸収利用

YaraMila™で期待出来る効果

  • 植物への利用効率が高い
  • 低温時でも植物吸収が高い
  • 特にリン酸は初期から後半まで肥効が安定
  • ここ最近の環境変化に対応し、効かせたい時に効かせる肥料にて肥料代の省力化に繋がる
  • 世界の機械メーカに対応し、大規模圃場にムラなく機械散布が可能

YaraMila™関連動画


関連記事

  1. 所得税の青色申告制度について

  2. 農地を所有した場合の課税(固定資産税)

  3. 窒素のリターンを最大限化する

  4. Yaraの硝酸カルシウムは微量要素の吸収を助ける

  5. ジャガイモの打痕傷を減らすには?

  6. 消費税の軽減税率制度と農業について

  1. この記事へのコメントはありません。