Yara硝酸化成肥料 リン酸を主体としたYara社の独自製法

世界有数の肥料メーカだから出来る特長的な製法



POINTリン酸を主体としたYara社の独自製法

YaraMila™と一般の化成肥料の優位差

YaraMila™ニトロフォスフェート製法

  • 大規模な反応塔だから可能なリン酸を主体とした造粒形成
    ⇒リン酸―窒素、リン酸―カリウム、リン酸―カルシウム 等で存在
    ⇒オルトリン酸、ポリリン酸、DCPで存在し、初期から後半まで肥効が安定
    ⇒植物へはリン酸を主体に吸収され、利用効率が高い

一般的な化成肥料 配合式製法

  • チッソ、リン酸、カリを単材(例:硫安、過燐酸石灰、塩化カリ)として混合造粒形成
    ⇒BB肥料を1粒にまとめた化成粒にて存在
    ⇒植物へは各単材で吸収利用

YaraMila™で期待出来る効果

  • 植物への利用効率が高い
  • 低温時でも植物吸収が高い
  • 特にリン酸は初期から後半まで肥効が安定
  • ここ最近の環境変化に対応し、効かせたい時に効かせる肥料にて肥料代の省力化に繋がる
  • 世界の機械メーカに対応し、大規模圃場にムラなく機械散布が可能

YaraMila™関連動画


関連記事

  1. アブラナ作物の病気対策

  2. Yaraの硝酸カルシウムは養分転流を促進

  3. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

  4. Yara硝酸化成肥料 独自のリン酸形状

  5. タマネギの球のサイズを大きくする為に

  6. リンゴ・梨が必要とする栄養素

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 日本で実験してみましたコーナーNo.3:馬鈴薯に対する有機化成肥料…

    2022.08.19

  2. スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変…

    2022.06.17

  3. メロン・スイカの開花期・着果期の適切な施肥設計は収量と品質に不…

    2022.06.10

  4. GRWRS探訪No.3 Pix4D 続編 北海道深川市農事組合法人 ユナイ…

    2022.05.27

  5. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

    2022.04.28

  1. ジャガイモの病気予防

    2017.11.17

  2. ジャガイモの品質向上

    2017.11.15

  3. ジャガイモの収量向上

    2017.11.14

  4. 小麦の健全な生育の維持

    2017.11.10

  5. 小麦の品質向上

    2017.11.07

Youtubeチャンネル

FARMERS ACADEMY PV

特 集

Facebookページ