水に良く溶けるカルシウム≒作物にすぐに吸収されるカルシウム

溶けなきゃ意味ないよ!?
何の話かというとカルシウムの話です。
当用期に施肥してカルシウムをすぐに作物に吸収させたいのであれば少なくともカルシウムが水に溶けている必要があります。
Yaraの硝酸カルシウムは水に溶けやすいという点で少なくとも他のカルシウム資材より優れています。
pH調整のため、土壌改良のため、カルシウム補給のためと本来であれば用途別に使い分けられるべきものが「石灰」という名の下で一括りにされてしまっている。このことが良く分かる動画と資料をご覧ください。


資料はこちら

 

本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yara International ~世界最大の老舗肥料メーカー~

Yara Internationalは、ノルウェーに本社を置く世界最大の老舗肥料メーカー。
しかし、ただ肥料を供給しているだけではありません。世界人口の増加や 異常気象・地球温暖化といった問題により生産環境・食料事情が厳しくなる中で、「環境に優しい農業」をどうやって実現するのか?という課題に取り組んでいる「環境企業」でもあります。

また、Knowledge Grows というスローガンのもと、100年を超える長い歴史を通じ、世界各国の農業者にアグロノミー(農業科学)の最先端の情報を惜しみなく提供してきました。肥料メーカーでありながら、その本質は情報提供者であり地球環境を真剣に考える教育者・啓蒙者でもあります。

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. アブラナ科作物の品質を保つ栄養素とは?

  2. 水溶性カルシウムは果実肥大期の必須アイテムです。

  3. 成育初期のリン酸がジャガイモの収量アップの鍵をにぎる

  4. 栄養吸収効率を高めることによりジャガイモの収量と品質を向上させる

  5. 秋撒き小麦で播種が遅れた場合の管理

  6. リン酸二アンモニウム(DAP)がリン酸肥料のベストの選択ではない理由