窒素のリターンを最大限化する

Yaraは単に肥料を提供するだけではなく、肥料の正しい選び方・効率的な使い方を提案しています。
Yaraの推奨に従うことで、肥料の最大の投資収益を確保します。

あなたにとって窒素の投資収益とは何か?

Yaraの窒素試験では、穀物とナタネに適用された窒素肥料は少なくとも400%の返還が期待されております。
この投資収益率を達成する為には下記の3要素が重要です。

 他の必要栄養素が制限されてない事
 硝酸態窒素が正確に施肥される事
 最も適切な時期に最も適切な量で施肥される事

これら3つの要素は
窒素から期待されるリターンを左右することとなり、Yaraの推奨する以下3つのステップを形成するものです。

ステップ 1すべての栄養欠乏を特定し、それに対処する
ステップ 2施肥の正確性を確かめる
ステップ 3窒素からのリターンを最大化する

ステップ 1 すべての栄養欠乏を特定し、それに対処する

すべての植物には合計12の栄養素が必要であり、そのうちのいずれかが最適量に達していない場合には収量が制限される。

これは、「リービッヒの最小律」を示す絵であり、これの意味するところは、「他の栄養素は十分に足りていた場合でも、収量は供給量が最も不足している栄養素のレベルまで制限される」というところにあります。
窒素、リン、カリウム、硫黄、マグネシウム、カルシウム、ホウ素、銅、鉄、マンガン、モリブデン、亜鉛の12種類の栄養素が植物に必要です。
一般的には、窒素が最も制限される要因となっているが
他の栄養素の不足も収量を制限し、施肥される窒素の効きも制限することとなります。

大部分の栄養素はその栄養素単体の機能として重要というだけでなく、相乗効果として窒素の効果を最大限に引き出すという重要な役割も担っています。

栄養素は、植物の健康維持にとっても重要であり、病害や農薬に対する耐性を向上させます。
栄養素(特にカリウム、カルシウム、ホウ素、マンガン、銅または亜鉛)の欠乏は病害そのもの上昇につながるだけでなく、
農薬(殺菌剤等)耐性が弱い場合は病害の防除を効果的に行えないということになり、結果的には窒素から本来得られる筈の収量を減少させることにもつながります。

ステップ 2 高品質の製品を使用して施肥の精度を確保する

正確な施肥は不可欠であり、その為には正しく整備・調整された農機具によって均一に施肥できる高品質の肥料が必要となります。
特に大きなブーム幅の農機で機械散布する場合には、施肥の正確性を達成する為に液体肥料が優れていることはよく知られていますが、粒状肥料でも
YaraMilaやYaraLivaグレードなどの良質で均一な顆粒状または顆粒状の製品を使用する+良く整備されたスプレッダーを使用することで、肥料散布の精度を上げることが出来ます。

窒素反応の計算は小規模の試験圃場で行っておりますが、実際の圃場では散布精度のバラつき(Coefficient of Variation、CoV)が作物の収量に影響を与える可能性があります。散布精度が悪くなればなるほど、収量・品質など様々な領域でのバラつきの度合いも大きくなります。

肥料の品質は、高品質のNPK化成肥料、液体肥料の区別なく、散布精度のバラつき(CoV)を低減するために重要です。

ステップ 3 窒素からのリターンを最大化する

第3のステップは適切な施肥量を定めることによって、特に窒素からのリターンを最大限に引き出すことです。

適切な時期に、適切な量の硝酸態窒素を施肥する

適切な肥料成分源から算出される窒素を適切な時期に適切な量施肥することで、最大の収量と最大リターンが保証されます。
窒素の最適な施肥量を計算するためには、過去の試験や窒素反応の実績を遡ってみることでしか導くことができないものです。 過去の正確な情報があったとしても、±40kgN / haの誤差があることは一般的に認められております。
英国の冬小麦の過去10年間(2004年~2014年)の試算で得られたYaraの化成肥料の最適施肥量の平均は225kgN / ha(誤差±40kgN/haを加味すると185kgN / ha~265kgN / ha)となっています。

 

本記事は、Yara英国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yara International ~世界最大の老舗肥料メーカー~

Yara Internationalは、ノルウェーに本社を置く世界最大の老舗肥料メーカー。
しかし、ただ肥料を供給しているだけではありません。世界人口の増加や 異常気象・地球温暖化といった問題により生産環境・食料事情が厳しくなる中で、「環境に優しい農業」をどうやって実現するのか?という課題に取り組んでいる「環境企業」でもあります。

また、Knowledge Grows というスローガンのもと、100年を超える長い歴史を通じ、世界各国の農業者にアグロノミー(農業科学)の最先端の情報を惜しみなく提供してきました。肥料メーカーでありながら、その本質は情報提供者であり地球環境を真剣に考える教育者・啓蒙者でもあります。

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. 小麦の品質向上

  2. 農地所有適格法人について

  3. スプレッダーのプロになろう【動画】

  4. カルロス・ゴーン事件で注目されている司法取引とは?

  5. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

  6. リン酸二アンモニウム(DAP)がリン酸肥料のベストの選択ではない理由

  1. 日本で実験してみましたコーナーNo.3:馬鈴薯に対する有機化成肥料…

    2022.08.19

  2. スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変…

    2022.06.17

  3. メロン・スイカの開花期・着果期の適切な施肥設計は収量と品質に不…

    2022.06.10

  4. GRWRS探訪No.3 Pix4D 続編 北海道深川市農事組合法人 ユナイ…

    2022.05.27

  5. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

    2022.04.28

  1. ジャガイモの病気予防

    2017.11.17

  2. ジャガイモの品質向上

    2017.11.15

  3. ジャガイモの収量向上

    2017.11.14

  4. 小麦の健全な生育の維持

    2017.11.10

  5. 小麦の品質向上

    2017.11.07

Youtubeチャンネル

FARMERS ACADEMY PV

特 集

Facebookページ