スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変わります

スイカの生育初期の時期は重要であり、この時点で適切な栄養管理を行うことがその後の生育と収穫を決定づけます。 対象作物に最も好ましい栄養プログラムを提供することは、初期の根と葉の生育を促進させることに繋がり、その後のすべての違いを生むこととなります。 窒素とカルシウムは、作物の初期生育時期にあたる栄養成長時における重要な栄養素であり、生育を促進し収量と品質の両面を最大化させることに繋がります。



スイカの生育ステージごとの一日の栄養素別吸収量
縦軸:ポンド/エーカー/日 
(1ポンド=約0.45kg 1エーカー=約0.4ha)
横軸:生育日数
N:窒素、K:カリウム、Mg:マグネシウム、P:リン酸、Ca:カルシウム

YaraLiva®硝酸カルシウムが初期生育時にスイカを肥やすための最良の選択である理由
•YaraLiva硝酸カルシウムはスイカが好む窒素の形態であり、すぐに吸収される硝酸態窒素を供給します。
•硝酸カルシウムは100%水溶性のカルシウムのためスイカの栄養成長の段階で、活発で健康的な植物の成長を維持するための鍵となります。




窒素の形態は特に重要であり、作物を迅速に健康的に成長させるためには、アンモニア態と硝酸態のバランスを保つことが重要です。 試験では硝酸態と比較してアンモニア態が多すぎる窒素肥料を使用することにより、窒素の取り込み量・収量ともに大幅に減少することが確認されています。 一般的な問題の1つがアンモニウムの毒性です。
アンモニウム毒性は土壌への植物の取り込みに利用できるアンモニア態窒素(NH4+アンモニウム塩)が多すぎて、植物が有害な量のアンモニアイオンを吸収する場合に発生します。 植物の取り込みに好ましい窒素の形態は硝酸態窒素(NO3-)であり、土壌中での尿素(Urea)⇒アンモニア態窒素(NH4+)⇒硝酸態窒素(NO3-)への変換のスピード・量は、温度・湿度、および土壌のphによって左右されます。 アンモニウム毒性の症状には、葉の葉緑素不足による白化・生育停滞・根の発達不良などがあります。




生育初期のカルシウムは根の健全な生育と活着を助ける働きがあります。 植物は根の成長のためにカルシウムの継続的な供給を必要とします。 根は可溶性(植物が利用できる)カルシウムの含有量が低い土壌ではうまく発育しません。 より良い根系を作ることが出来ると水や各栄養素へのアクセスが良くなり、取り込むことが出来るため、収量UPの可能性も高まります。
さらにカルシウムは生育初期の病気や環境ストレスに対する植物の耐性を向上させるのに役立ちます。 また強力な細胞壁と細胞膜を作る働きもあるため、生育後期になっても病害全般に対する耐性を高めます。



根の生育には継続的なカルシウム供給が不可欠
+Ca(カルシウム供給が足りている場合) -Ca(カルシウム供給が不足している場合)
縦軸:根の成長(単位:mm)
横軸:新しい溶液へ根が伸びるまでに要する時間(単位:1時間)

関連記事

メロン・スイカの開花期・着果期の適切な施肥設計は収量と品質に不可欠です

Yara製品の詳細はこちらから

カルシウムに関連する他の記事

水に良く溶けるカルシウム≒作物にすぐに吸収されるカルシウム

硝酸カルシウムで収量・品質を向上させる

硝酸カルシウム肥料 YaraLiva™紹介動画

Yaraの硝酸カルシウムは養分転流を促進

Yaraの硝酸カルシウムは微量要素の吸収を助ける

アンモニウム毒性に関する記事

低地温下でのアンモニウム毒性を避ける方法

 

本記事は、Yara米国法人提供の農業科学情報をGRWRSが翻訳、記事化し掲載しております。

Yara International ~世界最大の老舗肥料メーカー~

Yara Internationalは、ノルウェーに本社を置く世界最大の老舗肥料メーカー。
しかし、ただ肥料を供給しているだけではありません。世界人口の増加や 異常気象・地球温暖化といった問題により生産環境・食料事情が厳しくなる中で、「環境に優しい農業」をどうやって実現するのか?という課題に取り組んでいる「環境企業」でもあります。

また、Knowledge Grows というスローガンのもと、100年を超える長い歴史を通じ、世界各国の農業者にアグロノミー(農業科学)の最先端の情報を惜しみなく提供してきました。肥料メーカーでありながら、その本質は情報提供者であり地球環境を真剣に考える教育者・啓蒙者でもあります。

GRWRS ~食と農のアカデミー~ SNSのご紹介

Facebookページ

Twitter
Facebookグループ FARMERS ACADEMY

Youtube

関連記事

  1. なぜ春の施肥の方が効果があるのか?

  2. タマネギの堅さを改善する

  3. スプレッダーの点検【動画】

  4. 秋撒き小麦で播種が遅れた場合の管理

  5. 大豆生産における栄養素の役割

  6. 大豆栽培における窒素管理

  1. 日本で実験してみましたコーナーNo.3:馬鈴薯に対する有機化成肥料…

    2022.08.19

  2. スイカの初期生育時に適切な栄養管理を行うことでその後の結果も変…

    2022.06.17

  3. メロン・スイカの開花期・着果期の適切な施肥設計は収量と品質に不…

    2022.06.10

  4. GRWRS探訪No.3 Pix4D 続編 北海道深川市農事組合法人 ユナイ…

    2022.05.27

  5. ジャガイモの品質をカルシウム欠乏によって落としていませんか?

    2022.04.28

  1. ジャガイモの病気予防

    2017.11.17

  2. ジャガイモの品質向上

    2017.11.15

  3. ジャガイモの収量向上

    2017.11.14

  4. 小麦の健全な生育の維持

    2017.11.10

  5. 小麦の品質向上

    2017.11.07

Youtubeチャンネル

FARMERS ACADEMY PV

特 集

Facebookページ